メディア掲載
Media

博國屋「納骨オブジェ地蔵」をはじめとする手元供養品が様々なメディアでご紹介いただきました。

テレビ

「スイッチ!」 東海テレビ

(2014年9月16日)

「墓を建てない。 今増えている供養とは?」
お墓や葬儀の特集の中で博國屋の手元供養品も紹介していただきました。 番組のスタッフさん、コメンテーターの皆さんありがとうございました。

ワールドビジネスサテライト

(2013年8月28日)

「お墓はいらない あなたとずっと一緒」 博國屋の手元供養品も紹介していただきました。 番組のスタッフさん、コメンテーターの皆さんありがとうございました。

はなまるマーケットTBS

(2013年8月14日)

「知っておきたい! 最新のお墓・埋葬方法」 散骨や樹木葬、永代供養など最近の葬儀事情を特集。 その中で博國屋の手元供養品も紹介していただきました。 番組のスタッフさん、コメンテーターの皆さんありがとうございました。

トコトン!!1スタTV愛知

(2012年5月11日)

「海に宇宙に生演奏 なぜ激変!? 日本のお葬式」 激変する最近の葬儀事情を特集。 その中で手元供養も紹介していただきました。 番組のスタッフさん、コメンテーターの皆さんありがとうございました。

ニュースK eo光ケーブルネットワーク

(2012年1月18日)

「最近の供養事情」 「家」から「個人単位」へと変化しつつある最近の供養事情を特集。 その中で手元供養やいのちのドングリを紹介していただきました。 「いのちのドングリ」、「手元供養」を紹介してくださった番組の担当者さん、制作スタッフさんありがとうございました。

ゆうどきネットワークNHK総合

(2011年10月21日)

テーマは「被災地の心を癒す いのちのドングリ」 震災のご遺族に手元供養品を無料でお届けする「いのちのドングリ プロジェクト」を軸に、広がり始める"手元供養"について紹介していただきました。 とても反響が大きく、放送後数日間は電話が鳴り止みませんでした。 「いのちのドングリ」、「手元供養」を紹介してくださった番組の担当者さん、制作スタッフさんありがとうございました。

あさイチNHK総合

(2010年10月18日)

テーマは「あなたはどうする? 最新お墓事情」 お墓に関するお悩みベスト3「お墓が遠い」「後継ぎがいない」「夫の家のお墓に入りたくない」。 お墓の引っ越しのしかたや、後継ぎがいなくても安心なお墓などを紹介される中で、新しい「偲びのカタチ」として自宅(身近)でできる手元供養が紹介されました。 お墓にまつわる様々な重荷や苦労から開放される選択のひとつとして、「手元供養品」の 存在がより一般社会に浸透されつつあります。

朝生ワイドすまたん読売テレビ

(2010年8月17日)

テーマは「お墓の最新情報」 現代社会の「お墓事情」から手元供養、納骨堂、現代仏壇などが紹介されました。近年「お墓をもたない」事情から、手元供養にスポットが・・! おもいで碑・地蔵さん、しっかり画面に映っていました。

おもいっきりDON!日本テレビ

(2009年9月18日)

オ・シ・え・てDON「最新お墓事情」コーナーの中で博國屋の手元供養品が紹介されました。新商品「天使ママ」のメディアデビューでした。

スッキリ!日本テレビ

(2009年5月19日)

最新の“供養”情報を調査せよ! 朝から軽快なテンポでニュースや特集を全国に伝えている日テレ「スッキリ!!」で博國屋の手元供養がスタジオに登場しました。番組の“特命一係”担当のレポーターさんが手にとって詳しく説明してくれました。 放映は朝の9時過ぎでしたが、放映終了後すぐに「こんなのずっとさがしていました。」とお電話が全国からかかりました。手元供養を伝えてくださった番組の担当者さん、制作スタッフさんありがとうございました。

おはよう朝日です朝日放送

(2008年9月3日)

朝の情報番組としておなじみの「おはよう朝日」が ”イマドキの仏壇事情”をレポート! 博國屋代表の山?譲二が”形式にこだわらない供養の形・・ 今後の進展”をお伝えしています。

NHK首都圏ニュースNHK放送

(2008年6月2日)

”遺骨を身近に” 広がる新たな供養・・・ おもいで碑のお地蔵さんを購入された笹木さんに出演いただきました。 「遺骨を手元供養で身近に置くことで納骨の決心がつきました。」と自らの思いを話されました。

NHKおはよう日本NHK放送

(2005年9月13日)

「いつまでも故人を身近に」 奥様の供養に「おもいで碑」の黒地蔵さんをご購入くださった奥野さんが番組内にご出演して下さいました。 ブラウン管を通して、私たちも黒地蔵さんが愛され、奥野さんの奥様を想うお気持ちを感じました。

雑誌・書籍


週刊ポスト

(2015年 12月発行)

こんな"お墓"もあるんです!
「お墓選びの常識が変わった」さまざまな新しいお墓の形を紹介する中で
手元供養博國屋のお地蔵さんも紹介されています。

>>記事を見る


自分らしさ葬送スタイルブック

(2014年 11月発行)

様々な葬送情報を紹介する中で手元供養、博國屋のお地蔵さんも紹介されています。


葬祭流儀 千葉 2014-2015

(2014年 11月発行)

●「お地蔵様の表情に故人の笑顔が重なり合う」 手元供養、博國屋のお地蔵さんをはじめ、「いのちのドングリ」や「かぐや姫」も紹介されています。


葬祭流儀 大阪・京都・兵庫vol.1

(2014年 6月発行)

●リビングで祈る、身につけて偲ぶ 最愛の人を想う新しい供養のカタチ 手元供養、博國屋のお地蔵さんをはじめ、「いのちのドングリ」や「かぐや姫」も紹介されています。


週刊ダイヤモンド

(2013年1月19日号)

急増する手元供養の利用者  散骨とのセット販売も始まる 「個人の遺骨をペンダント等に入れて身近に置く手元供養は、その手軽さもあり、利用者が年々増加している。」 博國屋の手元供養品や「自宅墓」としての「手元供養と散骨」のセットも取り上げていただきました。

>>記事を見る


これからの寺院を考える TEMPLE

(2012年 4月発行)

●連載ルポ 墓参りと家族の絆 「いのちのドングリをぎゅっと握り、 冥福を祈る」                        高橋繁行 いのちのドングリプロジェクトの紹介から、博國屋のおもいで碑誕生秘話。博國屋店主 山崎譲二が手元供養を始めるにあたった父への想いなどが紹介されています。


寺院住職実務情報誌 月刊 寺門興隆

(2012年 4月発行)

●今喧伝されている「手元供養って何か」 最近信徒さんからたびたび耳にする「手元供養」とはどんな供養なのか。「お墓が売れなくなるんじゃないか」といった疑問から始まり、お墓やお仏壇と手元供養の共存について書かれています。 博國屋店主 山崎譲二の談話や博國屋の手元供養品も多く紹介されています。


いいお坊さん ひどいお坊さん

(2011年 10月発行)

●死んだときだけが、お寺の出番ではありません。 この生きづらさを乗り越えるための寺院・僧侶との正しい付き合い方。 (「BOOK」データベースより)

新聞

毎日新聞

(2016年8月11日)

【価値観反映 変わる供養の形】遺骨 手元に置き

>>記事を見る

神戸新聞

(2016年4月6日)

【広がる「手元供養」】遺骨をそばに悲しみ癒やす

>>記事を読む

種類から選ぶ

価格から選ぶ

コンテンツ

アクセスマップ

お気軽にお立ち寄り下さい。
「手元供養」の名付け親、店主の山崎譲二が自らご相談にのらせていただきます。
※小さなお店ですので、他のお客様がご相談に来られていると、お待ちいただくことがあるかもしれません。なるべく事前にお電話いただきますようお願い申し上げます。

ひろくにや会社紹介

山崎譲二ブログ

お客様の声

よくある質問

メディア掲載

NPO手元供養協会

配送について

配送について

※一部商品を単品でご注文の場合はゆうメールでの発送になります。 ポストへの投函という形でのお届けになりますので【代引き】【時間指定】はご利用いただけません。

配送について

お支払いについて

支払いについて

モバイルショップ

■配送・送料について

配送について1
配送について2
配送について3
※交通の事情、配送業者事情により遅れる場合がございます。 何卒ご理解の程お願い致します。

■お届け希望日

配達指定時刻一覧
お届けのご希望のお日にち、お時間を選択頂けます。
土日祝はお休みとなります。
休日中の受付は1営業日以内にご対応させて頂きます。
※一部オーダー品に限り、製作完了後以降のお届けとなります。

■お支払い方法

代金引換

代引き手数料が別途掛かります。
※代引き手数料はお客さま負担となりますのでご注意ください。
手数料
商品代金合計(税込み)が5万円未満・・・390円
商品代金合計(税込み)が5万円以上・・・600円

銀行振込

前払いとなりますので、ご入金確認後の商品発送となります。 おそれいりますが、振込手数料はご負担ください。

振込先口座
京都銀行 吉祥院支店
普通口座:3759501
口座名義:ユ)ヒロクニヤ

ゆうちょ振替

前払いとなりますので、ご入金確認後の商品発送となります。 おそれいりますが、振込手数料はご負担ください。

振込先口座
郵便局 (ゆうちょ銀行)
口座:14400-32291021
口座名義:ユ)ヒロクニヤ

クレジット決済

下記のクレジットカードがご利用になれます。
利用クレジットカード

Copyright(c)2017 All Right Reserved.